ボトックス注射で目指せシワゼロの肌【しわをなくして若返り】

他人にバレる事はない

笑顔の女性

効果の特徴や注意点

美容整形は様々なコンプレックスを解消できますが、施術には負担も伴います。結果的に改善できても、それまでにメスで切開した跡や腫れなども消えるまで相応の時間が必要であり、働いていたり学生ではなかなか受けにくい面もありました。美容医療の発展に伴い、その様なダウンタイムをなくし、日常生活に支障をきたさず目的を達成できる方法も増えています。その1つが注射だけの治療であるボトックスです。ボトックス注射治療はボツリヌストキシンというたんぱく質を気になる部分に注入するだけの治療方法です。注射針は非常に細く、切開しないので傷跡が残る心配はありません。またダウンタイムもほとんどない事から、その日から普段通りの生活をする事ができます。腫れもないので会社や学校に通う事もでき、休む必要も隠す必要もない特徴があります。ボトックス注射のメカニズムは、脳から筋肉への信号を遮断して、筋肉の緊張を緩和するものです。それにより使用されない筋肉は徐々に痩せていき、結果脚痩せや顔痩せに至ります。またしわやたるみも表情筋が過度に動く事で発生する要因があり、それも改善する事がボトックス治療では果たせます。様々な美容効果がある治療方法ですが、何よりも徐々に効果が現れていく事が自然な仕上がりになる点が人と会わないといけない環境にある方が受けるメリットと言えます。美容整形手術は、受けたその時から周囲の人からすれば昨日と変化があると気付きます。しかし徐々に効果が現れるボトックス注射治療では、特に変化はなく時間をかけて現れるので周囲にバレる心配もありません。特に周囲の方に知られる事を心配されている方に適した美容整形術と言えます。ボトックス注射治療は副作用はなく安全な方法ですが、受ける前と受けた後にとそれぞれ注意点はあります。医療施術なので医師の指示には従う事が前提となります。まず施術前ですが、ボトックス注射の薬剤には大きく2種類があり、1つがアラガン社製であり、もう1つがジェネリックです。アラガン社製ボツリヌストキシンは世界中で認可されている、言わば正規品とされています。安全性が昔から立証されており、日本でも厚生労働省が認可している唯一のボツリヌストキシンがアラガン社製になります。安全で副作用のないと認められているのですが、ジェネリックは厚生労働省から認可されていません。美容クリニックではこの2種類から選択できるのですが、もしもジェネリックを選択する場合は、十分に説明を医師から聞く事が大切です。施術後に気を付けるポイントは2つあります。1つは医師からの注意事項を守る事で、守らないと腫れや出血が起こります。ボトックス注射を受けた後は、血流を良くするような行為は避ける必要があります。注射した所から出血する場合があるので飲酒やサウナ、激しい運動は止める事を指示されます。そしてもう1つは、効果期間がある事です。ボトックス効果は平均して半年程であり、その後は徐々に効果が薄れていき元に戻っていきます。維持する為には年2〜3回施術を受ける事が必要になります。施術部位や体質によって機関の変動はあるので、医師と相談して次に受ける日を決めると良いでしょう。その為には定期的に通院する必要がある事を理解しておくことが大切です。