ボトックス注射で目指せシワゼロの肌【しわをなくして若返り】

クリニックの利用方法

女性

安全なボトックスの仕方

体の中でも一番目立つ部分である顔を整形するのなら、事前にしっかりと良いクリニックや医師の口コミを調べておくことが大切です。ボトックス注射にしても、「たかがプチ整形」とたかをくくっていると、後悔するもとです。プチ整形でも顔をなんらかの形でいじるのですから、ちょっとの差で見た目が大きく変化します。ボトックス注射をする前にクリニックで無料カウンセリングを受けてみると、医師の人柄がわかります。良い医師ならマニュアル通りの対応ではなく、こちらの悩みを聞いてくれて、患者目線で対応してくれます。回転率を重要してさっさとカウンセリングを終わらせようとする医師がいるクリニックは、いくら知名度が高くてもやめておくほうがいいです。希望したデザインになるかどうかは、カウンセリングと施術をする医師のスキルにかかっていると言えます。仕上がり具合は、ある意味施術をする前からすでに決まっているのです。後悔なきようにカウンセリングを受けて、信頼のできるクリニックを探すことが大事です。ボトックス注射の場合、注射する薬剤の種類も重要になってきます。ボトックス注射という名称のプチ整形はほとんどの美容外科クリニックにありますが、使用している薬剤はみな同じというわけではないからです。注射する薬剤は医療品ですが、メーカーや品質はバラバラで、ジェネリックもあります。信頼度から言えば、シェアNo.1の正規メーカーの薬剤が安心です。沢山のクリニックで使用されていて、現場からの信頼が厚く品質も確かで安全に顔に注射することができます。顔の美容整形を受ける際には、メイクを落として素顔の状態でカウンセリングに臨む必要があります。例えば小顔効果があるエラ改善のボトックス注射を受ける場合は、カウンセリングでしっかりエラのタイプを見てもらう必要があります。髪が長いならヘアゴムですっきりまとめておいて、すっぴんの状態でカウンセリングに行くのがオススメです。医師に診てもらってボトックス注射で改善できるエラだという診断結果がでたら、気になることを聞いて納得したらボトックス注射の同意書に署名をして施術をすることになります。もちろん、カウンセリングだけしていったん家に帰ってから決めることもできますし、やっぱりやめることもできます。ボトックスをするのが初めてでちょっとでも不安があるなら、じっくり考えてから決めるのが懸命な判断です。ボトックス注射は医療行為なので、施術はカウンセリングを担当した医師が行います。事前にイスに座った状態で最終的な仕上がり具合やデザインを確認し、フェイスラインに沿う感じで数センチ置きに数カ所注射していくのが一般的です。麻酔が入っている薬液を使えば痛みはほとんどなく、5分程度で終わります。ボトックス注射を受けた直後は、期待しているような小顔効果は感じないはずです。筋肉の内部に薬剤が浸透して効果が出てくるのは、だいたい施術後3日〜1週間ほど経過してからです。エラがかなり発達している場合、長いと効果が出るまで1か月かかる場合もあり、あまり実感がなくてもしばらくは焦らないで待つことが大切です。